tyuuseisibou
「バーニングカット」を使うと、健康診断等で引っかかりやすい中性脂肪などの数値はどうなるのでしょうか?
「バーニングカット」を飲めば、ウェストや体重はどのように変化するのでしょうか?

実は、「バーニングカット」を飲んでダイエットに成功すれば、中性脂肪の数値も減ります。
確実になります。

なぜなら、中性脂肪が減って筋肉になるからです。

さらに、「バーニングカット」には体重も減らすことができ、ウェストも細くなります。

今回は「バーニングカット」と中性脂肪の関係性について紹介します。

中性脂肪が燃焼させるメカニズム

「バーニングカット」には中性脂肪の数値を正常にする効果もあります。
ダイエット効果も当然ありますが、「バーニングカット」には筋力アップの効果もあります。

筋力がアップする、ということは、中性脂肪も燃焼される、ということなのです。

ではなんで「バーニングカット」が中性脂肪を減らせるのでしょうか?

そもそも、中性脂肪とは、タンパク質の余り物です。
タンパク質は、体を動かすための活動エネルギーなのですが、エネルギーとして消費されないものが中世脂肪として蓄積されます。

この中性脂肪は活動エネルギーであるタンパク質が足りなくなると、分解されてタンパク質になり、筋肉を動かし、成長させるエネルギーになっていきます。
そのため、中性脂肪が減ることは体重が減ることであり、中性脂肪が燃焼されるということは筋力がアップすることになるのです。

バーニングカットが中性脂肪を燃焼させる理由

「バーニングカット」には中性脂肪を燃焼させる成分が入っています。
直接的に中性脂肪を分解するわけではないのですが、「バーニングカット」には「HMB」と「EAA」が配合されています。

「HMB」と「EAA」の説明の前に、そもそも、筋肉がどのように作られるか説明しましょう。

筋肉はタンパク質を元にして成長していきます。
タンパク質の元となるのはアミノ酸です。

アミノ酸がタンパク質に変化して、そのタンパク質を筋肉が吸収することで筋力がアップしていきます。

「HMB」には、アミノ酸をタンパク質に変化させるよう、命令を出す役割があります。

アミノ酸が効率よくタンパク質に変化しないと、筋肉の栄養にはなりません。
そのため、HMBの役割が重要なのです。

また、「EAA」は必須アミノ酸9種類の総称になります。
アミノ酸で肌肉を成長させるものに「BCAA」という4つのアミノ酸がありますが、EAAにはBCAAも含まれています。

EAAでアミノ酸を効率よく摂取して、HMBでアミノ酸をタンパク質に変えていく。
「バーニングカット」を飲むことで、アミノ酸とタンパク質の循環が生まれ、中性脂肪が筋肉の栄養になるため、中性脂肪の数値も改善されるのです。